膝痛

  • 立ち上がり、動き始めに痛みがある
  • 運動をすると痛くなる
  • 正座ができない
  • 階段の上り下りが辛い
  • 関節が変形して膝が伸ばせない

その症状!そのお悩み

身体の歪みからくるもの

かもしれません!

なぜ膝痛は起こるのか?|中村整骨院・鍼灸院

膝痛は、関節の内側が痛む場合と外側が痛む場合によって考えられる原因が異なります。

 

内側が痛む場合は、膝関節に発症する慢性の関節炎で、多くの場合が外傷などの明確な原因がなく、自然に発症してくるものです。

また、別の原因としては膝の下にある脛骨の内側部分にある筋肉の炎症や損傷などによって膝の内側が痛むことがあります。

その他には、内側半月板や内側側副靱帯、前十字靭帯などの損傷が考えられます。

男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢になるほど変形性膝関節症になる可能性は高くなります。

 

外側が痛む場合は、外側半月板や外側側副靱帯などの損傷が考えられます。

また、別の原因としては太ももの筋肉である大腿四頭筋の外側に位置している脛の外側の骨である腓骨に付く腸脛靭帯という大きな靭帯が痛みの原因になっていることもあります。

 

膝の痛みは大きく内側・外側と分かれますが、その多くは内側に痛みが出やすくなっています。

一般的な膝痛に対する施術方法とは?or症状が改善しない理由とは?|中村整骨院・鍼灸院

多くは「保存療法」「手術療法」にわかれます。

まずは保存療法では、低周波電気やマッサージを通じて筋肉を緩めていきます。

またトレーニングをして筋力をつけて自然のサポーターを作っていきます。

 

主に大腿四頭筋という太ももの前の筋肉を鍛えていき、鍛えたとしても痛みがひかない時に手術を考えていきます。

膝痛に対する当院の施術方法とは?|中村整骨院・鍼灸院

全てはバランスの崩れからくるものなのでまずは骨盤の歪みを整える事が大切です。

そのために骨盤矯正をしていきます。

痛みがきつい場合は鍼治療をして患部の炎症にアプローチしていきます。

 

 

そして、膝まわりの筋肉を鍛えて安定をはかります。

EMSを使い膝や太ももの筋肉を鍛えていきます。

 

骨盤の位置や膝蓋骨(お皿)の位置を刺激の軽い機械を使い調整していき、不安がなく過ごせるようにしていきます。