坐骨神経痛

  • お尻から脚にかけて痛みがある
  • 腰を反るとお尻や下肢に痛みや痺れがでる
  • 長時間立っていることや座ることが辛い
  • 歩いていると脚に痛みが出て、少し休むと歩ける
  • 頻尿や尿失禁など排尿障害がある

その症状!そのお悩み

骨盤の歪みからくるもの

かもしれません!

なぜ坐骨神経痛は起こるのか?|中村整骨院・鍼灸院

坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで伸びています。

 

多くは腰からくる症状で、背骨の腰椎に異常が生じることで、坐骨神経が刺激を受けたり圧迫されたりすることで発生する。

過度な運動や長時間のデスクワークによる運動不足などが原因で起こることも多い。

 

若い世代は腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群、高齢者は腰部脊柱管狭窄と腰椎椎間板ヘルニアなどの疾患が原因になることが多いです。

一般的な坐骨神経痛に対する施術方法とは?or症状が改善しない理由とは?|中村整骨院・鍼灸院

坐骨神経痛の治療は、症状を和らげるための対症療法が主体となります。

保存的療法から始め、症状が改善されない場合や排尿・排便に障害が現れた場合は手術を検討することがあります。

痛みが強い場合は、痛み止めの薬や注射をすることもあります。

 

 

保存的療法には温めたり、牽引などがあります。症状に応じてコルセットを装着し、腰の不安定な状態を補助すると同時に坐骨神経痛が出やすい姿勢を回避するために動きを制限することもあります。

症状が軽かったりする場合は、ストレッチやマッサージなどによる運動療法をします。

坐骨神経痛に対する当院の施術方法とは?|中村整骨院・鍼灸院

坐骨神経痛は腰椎の異常が生じることが多いので、当院では骨格矯正をして腰椎や骨盤の矯正をしていきます。

また、仙骨にある仙腸関節を矯正することで坐骨神経への圧迫を軽減させます。

 

 

骨格矯正と言っても衝撃の強いバキバキしたようなものではなく、年配の方から小学生まで受けている刺激の少ない根本から整えていく矯正をしていきます。

腰椎の歪んでズレてしまっている骨に直接アプローチしていきます。

 

また、骨盤底筋も重要となるのでEMSを使って筋力強化もしていきます。

普段の姿勢から良くしていきます。