脊柱管狭窄症

  • 足に痺れを感じる
  • 歩いていると痛みからしゃがみ込み、しばらくするとまた歩き出せる(間欠性跛行)
  • 筋肉に力が入らない
  • 排尿や排便がうまく出来ない
  • 腰から足にかけて痛みがある

その症状!そのお悩み

体の歪みからの負担でくるもの

かもしれません!

なぜ脊柱管狭窄症は起こるのか?|中村整骨院・鍼灸院

脊柱管を構成するのは骨と椎間板、靭帯です。ヘルニアやすべり症などで脊髄や神経が圧迫されると腰痛や足の痺れが出てきます。

 

日常生活で足を組んでしまうや同じ体勢をとってしまうなどで背骨自体が傾いてしまう事によって神経を圧迫し、痺れなどが起こってしまいます。

一般的な脊柱管狭窄症に対する施術方法とは?or症状が改善しない理由とは?|中村整骨院・鍼灸院

手術をせずに様子をみる事が多く、コルセットで腰部を補助する事や痛み止めの注射をする事が多いです。

 

3ヶ月経っても痛み、痺れがよくならない時や痺れが強くなっている時には手術をして神経の圧迫を取り除いていきます。

脊柱管狭窄症に対する当院の施術方法とは?|中村整骨院・鍼灸院

普段の身体のバランスの崩れから来るものなので、姿勢を整えていく矯正施術をしていきます。矯正と言っても衝撃の強いバキバキの矯正ではなく、年配の方から小学生まで受けている刺激の少ない根本から整えていく矯正をしていきます。

矯正施術によって日常で歪まされた骨を本来あるべき所に戻していく事によって、神経を圧迫しなくなるので痺れもなくなっていきます。

 

脊柱管狭窄症はいきなりなるものではなく、根本から整えていく事と同時に日常で負担がかかっている姿勢などにも目を向けていきます。