側弯症

コロナウイルス対策

  • 片方の背部や腰部の突出や肩の高さの左右差が見られる
  • ウエストラインの左右非対称性、肋骨の突出、乳房の形の左右差円背や凹背が見られる
  • 変形のある背部や腰部に痛みやこりが出現する
  • 肩や頸に痛みやこりを感じる
  • 肺や心臓を包んでいる胸郭が変形し、肺活量の減少や息切れを感じる

その症状!そのお悩み

骨盤の歪みからくるもの

かもしれません!

なぜ側弯症は起こるのか?|中村整骨院・鍼灸院

背骨は本来、正面から見て真っ直ぐな状態が正常です。これが側方(左右)に曲がってしまった状態の事を側弯症と言います。

 

側弯症は、特別な原因なく発症する特発性側弯症、生まれつき背骨が曲がっている先天性側弯症、他の病気に伴って起こる病原性(症候性)側弯症に分けられ、思春期の特に女児に発症する思春期特発性側弯症が最も多く見られます。

 

●特発性側弯症

特発性とは、原因がわからないことを意味し、側弯症のうち80-85%を占めます。

年齢による分類

①乳幼児期側弯症:3歳以下で発症し、男児に多いです。

②学童期側弯症:4~9歳に発症し、進行する例が多く見られます。

③思春期側弯症:10歳以降に発症し、多くは女子です。

一般的な側弯症に対する施術方法とは?or症状が改善しない理由とは?|中村整骨院・鍼灸院

一般的な治療法は、装具治療と手術治療です。

側弯症の程度や年齢などを考慮して、以下の方法を選択します。

 

 

 

1.装具をつけない経過観察

 成長期に側弯症が25°未満の軽いカーブの場合は、定期的なX線検査と整形外科医による診察を受けることが大切です。進行した場合は装具治療に移行します。

 

2.装具治療

 一般的に側弯が20°~45°程度の中等度の側弯症の場合は、進行防止のために装具治療を行います。装着時間が長いほど効果があります。

成長が止まり、骨が成熟して側弯の進行もなければ、徐々に装具装着時間を減らし、装具治療を終了します。

側弯症に対する当院の施術方法とは?|中村整骨院・鍼灸院

側弯症で気になるのは背部や腰部の突出や肋骨の突出、痛みやだるさが多いです。

歪みが出てしまっていることで普段から負担がかかってしまっているので骨格の骨格の矯正をします。

バランスを整えることで身体への負担がなくなってきます。

ボキボキしない矯正治療なので身体への負担もかなり少ないです。

 

また、左右差による筋肉の緊張も起こるので整体を通じて、筋肉の緊張をほぐしていきます。